下半身の悩みは精神的なものと肉体的なものがある

下半身の悩みは精神的なものと肉体的なものがある

下半身の悩みは精神的なものと肉体的なものがある

男性が抱えやすい下半身の性的コンプレックスの原因は精神的なものと肉体的なものとの二種類あるので、治療・改善の方法もその原因に応じて吟味して選ぶ必要があります。

 

最も分かりやすい例として、近年罹患する人が増えつつあるED(勃起不全)を挙げることができます。
ED(勃起不全)の理由は主に4種類あり、

  • 器質性ED
  • 心因性ED
  • 複合型ED
  • 薬剤性ED

と分類できます。

 

器質性EDとは、血管や神経の障害が原因で加齢に伴うものであれば、動脈硬化が最も代表的な例です。

 

心因性EDとは、ストレスやコンプレックスが原因で日常で積み重なったストレスやプレッシャーがEDを引き起こします。

 

また、幼少期の教育や性的トラウマがEDの原因になることがありますが、これも心因性EDの一種です。

 

混合型EDは、器質性ED+心因性EDが原因で最も罹患している人が多いEDです。

 

薬剤性EDは、特定の薬剤の服用が原因です。

 

たとえば、中枢神経に作用する薬剤、末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、消化器官に作用する薬剤が薬剤性EDの原因になるような成分を含まれています。

 

このように「器質性ED」「薬剤性ED」は肉体的な問題が原因であるのに対して、「心因性ED」は精神的な問題が原因とはっきり悩みの理由が二極化しています。

 

勿論、「器質性ED」「薬剤性ED」と「心因性ED」の治療法は異なり、おおざっぱに言えば「器質性ED」は投薬することで治療できますが「心因性ED」は薬を服用しても治療する可能性は低いです。

 

なので、EDは分類に応じてしかるべき治療法をとることが必要とされる男性の下半身の悩みなのです。

 

EDだけではなくその他の男性の下半身の悩みの原因も肉体的・精神的なものと分かれていることが多いです。

 

なので、安易にクリニックで手術をしたり精力剤を飲んで治療するのではなく、まずは専門クリニックに行き自分の症状がどういったものなのか、どういった原因があるのかをしっかりと診断してもらうことが大事です。

下半身の悩みは精神的なものと肉体的なものがある関連ページ

精力剤を服用しての治療
包茎、早漏、短小、勃起力など男性ホルモンにかかわる症状で悩んでいる方には精力剤がおすすめです。
専門クリニックで手術を受ける
専門クリニックで手術を受ける場合の治療方法について紹介しています。
自慰と下半身のコンプレックス
男性の下半身の悩みの多くが自慰と下半身のコンプレックスが関係していることがあります。治療するさいの重要な要因となったりする場合もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ